1. トップページ
  2. ニベアを使わずに正しく毛穴開き・詰まり・黒ずみ・くすみを取る方法

ニベアを使わずに正しく毛穴開き・詰まり・黒ずみ・くすみを取る方法

ニベア青缶クリームは適量を皮脂代わりに使うのが正しい方法で、ネットで噂になっている方法はリスクがあることが分かったと思います。

でも毛穴の開き、詰まり、黒ずみは諦めろって言うの?ってことですよね。

なぜニベア青缶クリームがここまで人気になったかというと、使ってすぐに効果が確認できるからです。明らかに毛穴の汚れが取れて綺麗になるんです。

でもそれは、毛穴だけでなく周囲の皮膚も削り取っています。だから一発で荒れる人もいるくらい。

毛穴の汚れは取っちゃダメなんです。ここが重要。取ると余計に毛穴が詰まり開きます。このことを知らない人が多すぎるんです。

今からお伝えする方法は、ニベア青缶クリームケアのような「見た目の」即効性は全くありません。でも、肌荒れしないし次第に毛穴が綺麗になる方法です。せっかちな人には無理かもしれませんね…・・・

答えは「バリア機能を高める」です。

実は毛穴は開いていなかった

毛穴が目立つ=毛穴が開いている

というのは勘違いです。

毛穴は通常簡単に開きません。角栓に押し広げられるときだけです。皮脂を多く出すときでもパカっとは開かないのです。せいぜい締まりが緩くなるくらい。

では毛穴が目立つのは何か?というと、

  • 角質が入り口に溜まって大きく見えているだけ
  • 皮膚弾力が低下して垂れている

このどちらかです。

大半の毛穴悩みは前者。実は毛穴サイズは全く変わっておらず、開いているように見えているだけなんです。

これは肌のある反応によって、毛穴周囲に角質が溜まるからです。蟻地獄みたいに外に広がるように角質が溜まるため、毛穴の入り口が擬似的に直径が大きくなっちゃいます。実際に毛穴自体は大きくなっていないのです。

みなさん!安心しましょう。

あなたの毛穴は巨大化していません!!

毛穴もくすみも肌悩みはバリア機能だけで解決しちゃう

毛穴が大きく見えるのは、毛穴入り口に角質が溜まるからです。

中に詰まって角栓ができるのも角質が溜まるからです。黒ずみも一緒。角質に産毛が交じるからです。皮脂が酸化して黒ずむと言われますが、だったら顔全体も黒くならないとおかしいのでウソです。

肌のくすみも余計な角質が重なって透明感がなくなるからです。

結局は「角質」が原因なのに気づきますよね。

じゃあなんでかというと、バリア機能が落ちるから角質が余計に溜まるんです。

バリア機能というのは、肌自体が持つ防御機能です。色々な刺激を奥に通さないようにできています。

具体的には、

  • 角層の厚み
  • 細胞間脂質による水分と油分の層

この2つです。

細胞間脂質はセラミド、コレステロール、遊離脂肪酸で半分以上がセラミド。セラミドが保湿に重要とよく言われるのは、セラミドが油脂ながら水分を大量に挟み込むからです。

成分は水に溶けるか油に溶けるかが基本。セラミドが豊富にあると、どちらの性質も通さないので異物の侵入を防げるんですね。水と油って混じらないじゃないですか。

でもセラミド等は急に作れません。足りないからと言って1日で増やせません。

ところが角質は違います。角質は毎日生まれ変わっているので、すぐに厚くすることができます。

だから、摩擦など何か急に刺激が増えたら、肌は「やべえ!」と焦り、角質を残して分厚くします。セラミドが間に合わないので「厚み」でカバーします。

刺激が増える以外でも角質は分厚くなります。

  • 角質が急に薄くなった、たくさん剥がれた
  • セラミドが減って油分・水分の層が減った

このどっちかでもバリア機能は落ちるため、すぐに対応できる角質の厚みで何とかします。

ここで毛穴ってどんなものか思い出してください。

毛穴ってパカっと開いていたら真皮層まで奥深く穴が空いているんです。つまり毛穴ってめちゃくちゃ弱い部分なんです。

だから、肌は毛穴というウィークポイントを特に守ろうとします。だから毛穴の周囲の角質が特に盛り上がってしまうのです。

さらに、角質を急いで作るためモロい角質が増えます。セラミドも足りないため剥がれやすい角質が増えます。でも積み重ねないといけない。

だから知らない間に角質が剥がれて毛穴に溜まります。これが角栓が消えない理由です。

このように見ていくと、毛穴の悩みって全部バリア機能が原因なんだって分かりますよね。

ニベア青缶クリームは毛穴・くすみに逆効果

普通に使う分にはいいのですが、がってん塗りや、パック、マッサージといった間違った使い方は、毛穴を余計に広げて詰まらせてしまいます。

なぜなら、肌が毛穴を守ろうとして積み上げた毛穴周囲の角質を、ニベア青缶クリームにたっぷり入ったミネラルオイルが剥がしてしまうからです。

ちょっとずつ剥がすなら肌も驚異を感じません。肌に気づかせないように角質を薄くしないと、肌は「またやべえぞ!」と角質を毛穴周囲に積み重ねます。

ミネラルオイルは皮脂やセラミドを強力に溶かし込むため、積み重なった角質をほぐして剥がしやすくします。

たっぷりのニベア青缶クリームで毛穴ケアすると、毛穴周囲の角質、毛穴内部の詰まりがかなり取れます。確かに綺麗になるのですが、それはケア前より毛穴を汚くするスタートになってしまいます。

ニベア青缶クリームで毛穴が綺麗になるのは、一瞬の見た目だけ。繰り返すとバリア機能保持のためにますます毛穴が目立つようになります。

しかも、ニベア青缶クリームの間違った方法のヘビーユーザーは、もっと毛穴を綺麗にしようと頻繁に使ってしまいます。

でも顔全体も角質で覆われているので、毛穴ばかり気にしていると周囲の肌が薄くなります。当然バリア機能が落ちるので急速に角質が積み上げられます。

くすみケアをしているのに一向に肌が白くならない!というのは、このように急激に、かつ継続的にバリア機能を弱めているからです。

毛穴が綺麗になるバリア機能の高め方

毛穴が汚くなる仕組みが分かったと思います。

毛穴を一気に綺麗にしてはダメなんです。完全に逆効果。ニベア青缶クリームでは本当に毛穴は綺麗になりません。

ではどうすれば?

答えは簡単で、バリア機能を高めるだけ。

でも角質を必要以上に厚くするとゴワゴワになり、毛穴も目立つしダメですよね。

じゃあ見た目で問題なのは残された細胞間脂質(セラミド等)を増やすことです。

皮膚科でスキンケア化粧品はセラミドが良いよ、と勧められるのはこれが理由です。皮膚科に行くことになるきっかけって、ニキビとか肌荒れとかいろいろありますが、大半がバリア機能の低下が発端なんです。だからセラミドコスメが一番薦められます。

というわけで、

セラミドを角層に足しましょう!

これだけです。

本当にこれだけ。

後は、クレンジングと洗顔はかなり控えめにしてください。毛穴で悩んでいる人は間違いなく「洗い過ぎ」ですから。

毛穴が目立つと自然にもっと洗いたくなるんですよね。汚れが取れていない感じなので。

でも、角栓も開きも余計な角質が原因。これはターンオーバーで勝手に剥がれます。肌が「バリア機能が戻ったしもう必要ないね!」と感じれば勝手に薄くなります。

でも洗顔とクレンジングはセラミドを落とします。時間をかけて洗うと角質が多く剥がれ、セラミドが落ちるのでWでバリア機能が落ちます。こうなると後でセラミドを補っても足りず、やっぱり肌は角質を積み上げます。

なので、

  • セラミドを角層に足す
  • 洗顔とクレンジングは控えめにする

この2つが超重要!!

ニベア青缶クリームのパック等だとすぐに毛穴が綺麗になりますが、確実に元通りになり、繰り返すと元に戻らなくなります。ニベア青缶クリームは薄く、薄く、皮脂の代わりとして使いましょう。それ以外はダメ!

どうしても「すぐ!」角栓を何とかする方法

多方面で口を酸っぱくして、洗いすぎるな!って言っているのですが守らない人が多いんです。癖ですね。

どうしても角栓が目立ってムキー!ってなる人は、ニベア青缶クリーム効果をもっと安全に再現できる方法があります。

オイルクレンジングを使います。

ニベア青缶クリーム効果ってミネラルオイル効果だというのはご説明したとおり。やはりオイルが角栓をほぐすのです。

でもミネラルオイルは刺激が強すぎます。

だから植物オイルがベスト。皮脂に近い油脂ならなおさら。

人気のスクワランやホホバオイルは皮脂とは違う構造なので角栓ケアには向きません。マカデミアナッツオイルや米ぬか油なんかが適しています。

これが「主体」のオイルクレンジングを用意します。主体ですよ?成分表の前の方にミネラルオイルって書いていたらそれはミネラルオイルのクレンジングなのでダメです。

ただこういったオイルクレンジングは1本4,000円前後はします。だから予算がきつい人は、まあエステル系と呼ばれるタイプでもダメとまでは言いません。ただ肌質によってはダメなこともあるので参考に。

具体的な方法はオイルクレンジングのパックです。

パックと言うか、角栓が目立つ部分に塗って3分ほど放置。一切こすらず、その後洗顔します。

これを週一くらいのペースで継続。ニベア青缶クリームみたいに一気に綺麗にならないものの、頑固な角栓が動きやすくなるので次第に綺麗になります。

毛穴が戻ってきたらやめましょう。絶対に頻繁にやらないこと。やるとしても月1くらいにしてくださいね。

そしてセラミドを足してバリア機能を高めることも忘れずに。

セラミド以外でもバリア機能を高められるものならO.K.ですが、あまり該当する保湿化粧品はありません。肌の潤い感覚や広告宣伝内容に惑わされず、セラミドを増やすことだけに集中!